イスラム国 ニュース

「イラクとシャームのイスラーム国」(旧称ISIS)(現:イスラム国)に関するニュース速報を毎日全て配信! 【R-18:閲覧注意】
インターネットに掲載されたイスラム国に関する記事を、過去にさかのぼって閲覧可能。重要なニュースを記録する日本最大級のイスラム国関連アーカイブサイト。

アル=ヌスラ戦線の動向

イスラム国が1日で3億円稼げる理由 「史上最も裕福なテロ集団」の実態とは

イスラム国が1日で3億円稼げる理由 「史上最も裕福なテロ集団」の実態とは
... 国に直接資金を提供する個人寄進者とは異なり、湾岸諸国の政府はヌスラ戦線、タウヒード旅団、アーラル・アル・シャム、そして ジャイシュ・アル・イスラムなど、 ...




スポンサードリンク

シリア軍が進軍

75323afa14b166b92753608631902a82_XL


イランラジオ
シリア軍が進軍
アルアーラムチャンネルによりますと、シリア軍は31日日曜、ダマスカス東部のテログループの拠点やトンネルを破壊し、テロリスト数名を殺害しました。 シリア軍の情報筋によりますと、「ヌスラ戦線に属するテロリスト数十名が、衝突の中で死亡した」 ...





スポンサードリンク

シリア情勢:ISISに子ども兵士あり、大人と同じ待遇


IBTimes
シリア情勢:ISISに子ども兵士あり、大人と同じ待遇
ISISは2013年秋、織物生産で知られていたアル・バーブを占領した。ISISは、穏健路線の自由シリア軍(FSA)、および「アルヌスラ戦線」を支持していた民間人 ...






スポンサードリンク

アル=ヌスラ戦線(ウキペディア)

52a831bd06653


アル=ヌスラ戦線
アル=ヌスラ戦線(アル・ヌスラせんせん、アラビア語: جبهة النصرة لأهل الشام‎)は、シリアで活動するサラフィー・ジハード主義の反政府武装組織。
シリア、レバノンにおけるアルカーイダの下部組織である。
シリア騒乱における一連の軍事行動において反政府側に立つ一組織。
組織の正式名称は「アッ=シャームの民のアン=ヌスラ戦線」などと訳されている。
日本メディアでは、「ヌスラ戦線」と表記されることが多い。

戦線は結成を2012年1月23日、シリア騒乱最中としている。
それ以来、シリアで「最も攻撃的で成果をあげたあるいは「もっとも効果的な反乱軍のひとつ」などと形容されている。
アサド政権からは数々のテロの首謀者として非難される一方で、国連 、アメリカ 、オーストラリア、イギリス、トルコからテロ組織と認定されている。

2013年4月、イラクとシャームのイスラーム国(ISIS)のリーダーは、アル=ヌスラ戦線はISISのシリア支部であると発表。
対してアル=ヌスラ戦線のリーダーアブー・ムハンマド・アル=ジャウラニ(Abu Mohammad al-Jawlani)はいかなる合併も行われていないとしてそれを否定、組織はアルカーイダのリーダー、アイマン・ザワーヒリーに忠誠を誓っていると断言した。
しかしながら2013年5月、アル=ヌスラ戦線からISISに同調する一派が「イラクとシャームのイスラーム国」を名乗り活動を始めた。
一方で2013年11月頃よりシリア国内のメンバー、ネット上の支持者達は「アル=ヌスラ戦線」の代わりに、あるいは併記する形でTanzim Qa'edat Al-Jihad fi Bilad Al-Sham[訳語疑問点]や「シリアのアルカーイダ」という名称の入ったバナーや旗、チラシなどを使い始めた。


概要
アサド政権に対する戦いを聖戦と位置づけ、外国からの参加者を集めて勢力を拡大。
シリア国内の反政府勢力の中心的存在である自由シリア軍と連携を取りつつも、IEDを使用した自爆攻撃を中心に武力闘争を継続。

一般にスンニー派イスラム主義ムジャヒディーンで構成された反政府組織として扱われる。
アサド政権の転覆を目的とし、シャリーアに基づくパン=イスラーム主義(英語版)国家の成立、イスラム帝国の復権を目指している。
そして全てのシリア人は現シリア政府に対する戦争に参加するようと呼びかけている。
戦線のハサカ県地域の指揮官、アブー・アフメド(Abu Ahmed)はUAEの新聞のインタビューに対し組織の目的はアサドの退陣とシャリーアに基づいた国家の成立であると明言した。

2014年、戦線のシャリーア事務官、ダル・サーミ・アル・オライディ(Dr Sami Al Oraidi)は戦線がアブー・ムサブ・アル=スリ(Abu Musab al-Suri)の影響を受けていることを明らかにした。
戦線の基本戦略はアブー・ムサブの示した地元のムスリムコミュニティの心をつかむための4つの指針に由来している。
すなわち、人々にサービスを提供すること、過激派と認識されることを避けること、コミュニティや他の反乱組織との強固な関係を維持すること、政権との戦闘だけに集中すること、の4つである。

一方で戦線のメンバーがシリア国内のスンニー派以外のイスラム教徒(アラウィー派など)を攻撃したとして告発されている。
さらに一部のメンバーはアメリカとイスラエルをイスラムの敵として非難、そして欧米諸国からのシリアへの干渉に対し警告を発している。
これらの行動はアブー・ムサブの示すガイドラインに反するもので、シリア人のメンバーたちは戦線が戦っているのはアサド政権であり、欧米諸国を攻撃するべきではないと主張している。
一部の評論家や外交官は、世俗勢力との共闘や外国人メンバーの意思、期待の影響から戦線の目的がアサド政権の転覆よりもイラク、アンバール県からシリア東部の砂漠地域にまたがる支配圏の確立へと広がりつつあるのではないかと見ている。

2012年12月、アメリカは戦線がイラクのアルカイダ組織から支援を受けていると告発。
2013年4月、イラクのアルカイダのリーダーはこのつながりを認める声明をだしている。
歴史

シンクタンクのキリアム(Quilliam)は、戦線のメンバーの大半はイラクにおいて米軍との戦闘を繰り広げていた(英語版)アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーのイスラム主義ネットワークに参加していたシリア人だと報告している。
多くのシリア人は米軍の撤退後もイラクにとどまったが2011年シリア騒乱が起こるとISISはシリア人ムジャヒディーン、そしてイラク人のゲリラ戦エキスパートをシリアに送り込んだ。
2011年10月、2012年1月と複数回にわたる会合がリーフ・ディマシュクとホムスにて行われ、グループの目標が定められた。

2012年1月24日にアル=ヌスラ戦線として最初の声明が発表され、その中でシリア政府への徹底抗戦が呼びかけられた。
のちに2月のアレッポの爆弾事件(英語版)、1月のアルミダンの爆弾事件(英語版)、3月のダマスカスの爆弾事件(英語版)[7] 、ジャーナリスト、ムハンマド・アル=サイード(Mohammed al-Saeed)の殺人についてそれぞれ犯行声明をだした。

イラクの外相ホシャル・ジバリ(Hoshyar Zebari)はISISのメンバーがアル=ヌスラ戦線に参加するためにかつて彼らが武器や支援を受けたシリアへと向かったと語っている。
現在彼らがシリア国内で最も訓練と経験を積んだ戦士となっている。
かれらの攻撃性はイスラム教の定めた祝日にさえ休戦を拒んだことからもうかがえる。

アメリカの諜報部は早い段階からアレッポとダマスカスの爆弾事件の犯人としてアルカーイダを疑っていたと伝えられている。
イラク内相代理は2月前半、イラクから武器とイスラム主義の民兵が続々とシリア入りしていると語った。
戦線はシリアの首都ダマスカスでの自爆テロの実行犯としてアル=ザフラ・アル=ズバイディ(al-Zahra al-Zubaydi)の名をあげた。
亡命したシリアの元外交官ナワフ・アル=ファレス(Nawaf al-Fares)はデイリー・テレグラフのインタビューに対し、かつてファレス自身が手引きし米軍と戦うためにイラクに送り込んだジハーディストたちが、今は反乱軍を非難する口実を得るためにシリア政府からの直接の命令でシリア市民に対して自爆攻撃を行っていると語った。

2013年5月、アル=ヌスラのメンバーがトルコで拘束された。
後にサリンを製造する目的で科学薬品を集めていたとして告発された。

外国からの支援
少なくともアラブ地域の一政府が、カタールがアル=ヌスラ戦線を支援していると非難している
アメリカ政府は遅くとも2013年、早ければ2011年の騒乱初期の段階からシリアの反乱組織に武器を送っていた。これらの武器はアル=ヌスラやISISといった過激派組織の手に渡ったと伝えられている。

アル=ヌスラはまた外国のメンバーからも物質的な支援を受けている。これらの支援は基本的に彼らとのネットワークのつよいヨーロッパやアラブ地域からのものが大部分を占める。
しかし2013年11月、アメリカの国籍を持つ物や、永住権を持つ住民がアル=ヌスラの活動に加わった、あるいは加わろうとしたケースが2013年だけで6件あると公表された。

関与したと推測されるテロ事件等
 2013年1月28日、アレッポ市内で多数の市民が拉致され、翌日射殺体となって市内のクワイク川から発見された。78人以上が死亡。
 2013年4月24日、アレッポ市内で行われた戦闘の中で、ウマイヤド・モスクのミナレットが爆破される。
アルヌスラ側と政府軍側との間で責任をめぐり非難の応酬があった。

注釈
  ^ ISISはアルカーイダの関連組織であるが、2013年5月にアイマン・ザワーヒリーによって解散命令が出されて以降アルカーイダとしての正当性を失っている。
  ^ フォーラムで活動していた有名なムジャヒディーン。

湯川遥菜さんを拘束した 過激派組織ISISとは?


湯川遥菜さんを拘束した 過激派組織ISISとは?
アルヌスラ戦線は、シリアで活動するサラフィー・ジハード主義の反政府武装組織。シリア、レバノンにおけるアルカーイダの下部組織である。シリア騒乱における ...



アルヌスラ戦線とは
アルヌスラ戦線」とは - Al-Nusra Front シリアのイスラム武装組織の1つ。アルカイダ系とされている。シリア騒乱最中の2012年1月23日に設立された。




イスラム国シンボルマーク
170px-Islamic_state_of_iraq
ニュース検索
新着ニュース50件
イラクとシャームのイスラーム国
イラクとシャームのイスラーム国(-こく、アラビア語: الدولة الاسلامية في العراق والشام‎、略称: داعش(ダーイシュ)、翻字: Dawlat al-ʾIslāmiyya fi al-'Iraq wa-l-Sham)は、イラクとシリアで活動するサラフィー・ジハード主義組織。組織名にある「シャーム(アッシャーム)」 (ar)はシリア地方またはレバントを指す地理的概念であり、欧米や日本ではイラクとシリアのイスラム国(英語: Islamic State of Iraq and Syria、略称: ISIS)、イラクとレバントのイスラム国(英語: Islamic State in Iraq and the Levant、略称: ISIL)等の意訳した名称で知られている。 イラク、シリアなどアラビア語圏では(الدولة الإسلامية في العراق والشام)の頭字語の(داعش)「ダーイシュ」と略され新聞などでも一般的に使用されている。

イラクとシャームのイスラーム国
活動期間: 2006年10月15日 - 現在

氏族/部族: スンナ派アラブ人

指導者:
アブー・アイユーブ・アル=マスリー
アブー・ウマル・アル=バグダーディー
アブー・ドゥア

活動地域: イラク シリア

前身: ムジャーヒディーン諮問評議会

関連勢力:
アンサール・アル・スンナ軍
アル=ヌスラ戦線

敵対勢力: イラク駐留軍 イラク治安部隊 覚醒評議会 シリア軍
イスラム国 装備
一般的にテロリストが使うAK47やRPG7だけではなく、イラク軍から鹵獲したアメリカ製の武器(M4カービンやFN MAGなど多数)、戦闘服、タクティカルベスト、暗視ゴーグルまでも使用している。T-55や59-I式加農砲やZU-23-2などを保有している他、中にはハンヴィーやMRAPなどの装甲車、UH-60 ブラックホークといったヘリコプターなどアメリカ製の兵器も鹵獲して使用していると言われている。

サイト価格ランキング


ISIS戦闘資金調達するための年次活動報告書
o-COVER-ART-FROM-THE-ISIS-ANNUAL-REPORT-570
お問い合わせ・情報提供

『「イラクとシャームのイスラーム国」ニュース』へのお問い合わせ、または情報を提供していただける方は、こちらからご連絡ください。

名前
本文
「イラクとシャームのイスラーム国」ニュースについて
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
ギャラリー
  • ナイジェリア軍、「ボコ・ハラム」本部の奪還を発表
  • インドネシア国家情報庁、「イスラム国」の人材募集ルートは親族ネットワークと示唆
  • 持ち物は「化粧品と下着」 シリアへ向かった英少女3人
  • ISIS、臓器売買で資金獲得か 国連が調査へ
  • 米大統領特使「イラク軍主導の下、イスラーム国に対する広範な地上攻撃へ」 / al-Hayat紙
  • ヨルダン、イスラム国拠点56か所を空爆 「戦闘能力2割低下」
  • ヨルダン軍 「イスラム国」空爆の成果を強調
  • シリア渡航を計画したフリーカメラマンが旅券を返納
  • 「イスラム国」 イラク人16人を焼殺
  • ISISによる子どもへの残虐行為、国連が報告書で非難
  • イスラム国、人質の米女性がヨルダン軍の空爆で死亡と主張
  • 「イスラム国」人質事件で対応した中山泰秀外務副大臣に官邸激怒
  • ヨルダン、リシャウィ死刑囚の死刑執行
  • ヨルダン人パイロット焼殺か ISISが映像公開
  • Video claims to show ISIS terrorists burning pilot alive
  • ヨルダン軍パイロット殺害か 映像が投稿
  • 後藤健二さん殺害、各国が怒りを表明
  • 後藤健二さんの妻「夫を誇りに思う」
  • 国連事務総長 「後藤健二さんの残忍な殺害を最も強い言葉で非難する」
  • 後藤健二さん人質事件 BBCが「自己責任論」や「日本人らしさ」報じる
  • オバマ大統領やキャメロン首相ら世界の指導者、イスラム国を非難「卑劣でおぞましい」
  • 後藤健二さん殺害か イスラム国が映像投稿
  • 後藤健二さん「憎むは人の業にあらず...」 紛争地の人々に寄り添い続けた日々
  • 後藤健二さんの母親が会見「無念の死を前に言葉も見つからない」
  • 後藤さん殺害か ネットに動画投稿
  • 【速報】後藤健二さん殺害か。「イスラム国」新たな動画公開
  • 後藤さんの妻「イスラム国」に要求されメッセージ
  • ISIS Hostage Said To Announce New Deadline For Prisoner's Release
  • 深夜が期限 後藤さん解放に向け交渉全力
  • ボコ・ハラム、「子ども兵士」多数の画像公表 訓練基地か
  • 支えられたイラク人 後藤さんにメッセージ
  • 後藤健二さんの妻が手記を公表「これは健二の最後のチャンスです」(全文)
  • ヨルダン国営テレビ「釈放する用意」と伝える
  • ヨルダン 今後の対応に明言避ける
  • 死刑囚の扱い ヨルダン対応焦点に
  • ISIS demanding release of woman for hostage
  • 【イスラム国邦人人質事件】湯川さん殺害か、写真持った後藤さん画像がネット上に流れる
  • Who Is Sajida al-Rishawi?
  • 【イスラム国殺害脅迫】サジダ・リシャウィ死刑囚とは何者か アンマン連続テロに関与した女性テロリスト
  • “拘束の1人殺害”とする画像 ネットに投稿
QRコード
QRコード